トイレのつまりが発生したら、あわてないで、専門の業者に連絡するのが一番よいことについて

7月 21, 2012

万一トイレが、つまってしまった事態などは、誰も想像したくないものですが、しかし、意外とそうしたトラブルが、今も全国の家庭のどこかで、発生しているのも現実です。思いもかけない物が、パイプ煮詰まり、あわててしまった経験をした人も案外多いのかもしれません。自分で解決できれば、それに越したことはありませんが、パイプの奥深くに、潜り込んでしまった異物は、素人が、処理しようとすると、そうは、簡単には行きません。


無理矢理いじってしまうと、さらにトラブルを増幅しかねませんから、そうした場合は、一度冷静に落ち着きを取り戻し、やはり、信頼できる専門の業者に電話連絡をして、手助けを仰ぐべきです。トイレのつまりが、いつ起こるかは、もちろん家人には、予測ででませんから、いざという時の為に、前もってトイレのつまりを直してくれる水周り専門の修理業者の連絡先を、控えて置けば安心ですし、電話帳やネットでも調べておいて損はありません。


専門業者のスタッフとしてトラブル解決の技術を持ったプロが、トイレのつまりという緊急事態にも、24時間一年中対応してくれますので、そんな時は、心強い限りです。パイプをつないでいる大きなナット等は、構造的に専用の工具が無いと外せませんので、任せてしまう事が、とにかく何よりです。すべてを熟知している作業技術者の手にかかれば、短時間で、元通りの正常な状態になりますので、決してあわてないで、手助けを依頼するのが、一番正解です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイレのつまりが発生したら、あわてないで、専門の業者に連絡するのが一番よいことについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Comments (0) | More: トイレ

トイレのつまり対策に常備しておきたいもの

7月 19, 2012

ラバーカップはトイレのつまりに有効で価格も安いので、トイレがつまるまえに家に買い置いておきたい道具です。トイレのつまりや排水管のつまりや油などの汚れとり有効なのがワイヤーブラシです。長いワイヤーのものから短いものまであります、ラバーカップ同様に価格は高いものではないので、出来ればトイレ用と台所用の二本を買っておくと良いでしょう。短いものをトイレの排水口のつまり対策用に、長いものは台所の排水管の長さに合わせて買っておくと便利です。


トイレがつまりは、まず、ラバーカップを試します。簡単に素人でも扱え、正しく圧力がかかるように使えば、トイレのつまり解消をかなり期待できます。ワイヤーブラシはトイレで使い場合注意が必要です。ワイヤーが排水口などを痛めてしまうことがあるので慎重に使いたい道具です。難しいというほどではありませんが、ゆっくりと動かしながらその動きに慣れていったほうがいいでしょう。いきなりワイヤーブラシを強く出し入れしてしまうと排水口が傷ついてしまう恐れがあります。


ワイヤーブラシでトイレのつまりを解消する場合は、紙などのワイヤーブラシでつついたら崩れるような素材のものの場合に使います。固形のものをワイヤーブラシで取り除こうとすると、固形物をさらに奥に押し込んでしまうおそれがあるのでやめましょう。ある程度大きな固形物の場合、ラバーカップで固形物が出て来なかったら、ゴム手袋をして直接手で取った方が早いこともあります。この場合も慎重につまりの原因の固形物を探ってください、手で押し込んでしまってはいけませんので。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイレのつまり対策に常備しておきたいもの
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Comments (0) | More: トイレ